給湯器の全自動と自動の違いは何?どんなものがお勧めなの?

皆さんは、給湯器における「全自動タイプ」と「自動タイプ」には、色々な違いがあることをご存知でしょうか。文字だけを見るとほとんど変わりの無いこの2つですが、実は様々な違いがあるのです。ここではこの2つのタイプの違いや、それぞれのお勧めの機種などの情報をお伝えしていきますので、是非参考になさってください。

全自動タイプと自動タイプの大きな違いとは?

全自動タイプと自動タイプの最大の違いは、足し湯機能の有無です。両タイプとも、スイッチを押せば、お湯はりから自動停止、追い焚きなどが行われる点までは同じですが、全自動タイプのものはお湯が一定の量以下になると自動的に足し湯が行われます。

もう1つの大きな違いは自動沸き上げ機能の有無です。全自動タイプには、お風呂に人が入ったことを検知する機能があり、その時に一定以下の温度である場合には自動的に設定温度まで素早く焚き上げてくれます。

配管も自動的に洗ってくれる!?

さらに、全自動タイプには追い焚き配管の自動洗浄機能もあります。これは、お風呂を使い終わって浴槽の栓を抜いた時に、追い焚きに使われる配管をきれいなお湯で洗い流してくれる機能です。浴槽に残りがちな垢や入浴剤の残りなどを毎回洗い流すことが出来るので衛生的ですし、大掃除の時なども比較的楽に清掃を終えることが出来るというメリットもあります。

残り湯の沸かし直し機能にも違いが!

他にも、残ったお湯を沸かし直して入浴したい場合もあると思いますが、この際の沸かし直しの際にも違いもあります。自動タイプのものは、水位の管理機能が無いため、沸かし直しボタンを押すとお湯はりの時と同じ湯量が出てしまい、残りの湯量によってはお風呂があふれてしまう事があります。

これに対して、全自動タイプのものには残ったお湯の量を確認する機能があるため、沸かし直しの場合にも規定の湯量のみが流れ、お風呂があふれることはありません。このように文字で見るとほぼ同じようなこの2つのタイプには、様々な違いがあるのです。

価格はどのくらい違うの?

全自動タイプと自動タイプでは、機能がたくさん付いている全自動タイプの物の方が価格が高い傾向にあります。自動タイプの物には、5万円以下で購入で出来る物も多いですが、全自動タイプは安価な物でも6万円程度することが多く、10万円以上する物も多いです。

さらに、少ないガス量でお湯を沸かすことが出来るエコジョーズタイプの場合にはさらに割高になる傾向があります。

取付工事はどちらの方が高いの?

また、販売価格以外にも取付工事費の違いがどれほどなのかが気になる人もいるかもしれません。

しかし、自動タイプも全自動タイプも、給湯器の機能の違いのみで、給湯器の形状自体にはあまり差がありませんので、取付工事費に関してはほとんど同じであることが多いです。ただ、給湯器本体が家の玄関の横に設置されているPS設置タイプという場所に、先述のエコジョーズタイプの物を設置する場合には特殊工事が必要になる場合があるので注意してください。

結局、どちらの給湯器がいいの?

この2つのタイプを見た時に、機能面や便利さという面からお勧めなのはやはり全自動タイプです。特に、小さな子どもなどがいる家庭では、お風呂の衛生面が気になるといった親御さんも少なくないと思います。追い焚き配管にはとても汚れが溜まりやすく、追い焚きをするたびにその汚れが浴槽に入ってくることも考えられます。

全自動タイプではそのような心配が軽減されますので、清潔さを重視したいという場合には特に全自動タイプを選んだほうが良いでしょう。ただ、一人暮らしなどで浴槽にはあまり入らずシャワーのみで済ましたり、電気代などの光熱費を抑えたいという人には、最低限の機能のみでコストも抑えられる自動タイプの方がお勧めと言えます。

全自動タイプのお勧め給湯器とは!

全自動タイプのお勧めの機種は様々ありますが、そんな中でもお勧めしたい機種の1つにリンナイのエコジョーズタイプのRUF-E2405AW(A)24号という機種があります。これは、屋外の壁掛けタイプの給湯器で、都市ガス・プロパンガスどちらの動力にも対応しています。

この製品の魅力は、エコジョーズ機能を搭載しているタイプの中では比較的安価で購入出来るというコストパフォーマンスの高さです。さらにリモコンボタンが大きく、操作がしやすいといった点も評価を得ているようです。

その他お勧めの機種は、日立のエコキュートタイプの標準タンク370LBHP-F37RUという機種があります。動力は電気で、屋外の据え置きタイプになります。動力が電気なので安心して使える、節電性能が素晴らしいなどの口コミがあるなど評判も上々のようです。

家庭用の給湯器を静かに使うための防音対策について

自動タイプのお勧め機種は?

自動タイプで特にお勧めしたい機種はノーリツのエコジョーズタイプのGT-C2462SAWXBL24号という製品です。都市ガス・プロパンガスどちらにも対応している壁掛けタイプの物で、省電力モードやマイルド追い焚き機能などの様々な機能が付いているという点と、点検の時期を自動でお知らせしてくれるという安全性が人気を博しています。

その他お勧めしたい製品には、リンナイのエコジョーズタイプのRUF-E2405SAW(A)24号という製品もあります。こちらも都市ガス・プロパンガス両方に対応しており、安心性に優れているなどの良い評判もあります。